ビタミンC誘導体とプラセンタ美容液でしわ対策

エイジングケアにとって大切なのは、加齢とともに顔にくっきり表れるシワ対策です。額(おでこ)、目尻、ほうれい線。
こうした場所にシワができる原因としては、表情筋の衰えによる頬の弾力不足や、紫外線などによる肌の酸化が挙げられます。

スライスオレンジ表情筋はマッサージやエクササイズでケアすることができますが、肌の酸化は自分の力では抑えることはできません。
もともと、身体には抗酸化物質を作り出す働きがありますが、年齢とともに体内の機能は衰え、酸化の影響も目に見えて現れるようになります。
そのため、エイジングケア用の美容液などには、抗酸化作用のある代表的な美容成分、ビタミンC誘導体が含まれており、しわ対策に効果を発揮します。

ただし、ビタミンC誘導体は皮膚へ浸透しにくいため、ただ水に溶かして配合されているというだけでなく、超微細のナノカプセルを使用するなど、特殊な製法によって浸透力を高めている化粧品を選んだほうがよいでしょう。
または、直接肌の奥までビタミンC誘導体を浸透することができる超音波美顔器などを使用するという方法も考えられます。
しわ対策のできる化粧品は、アットコスメなどの口コミサイトでも確認することができます。

プラセンタ美容液でしわ対策

シワは、皮膚の保水力が低下したり、紫外線を浴びることによって生じる活性酸素などが原因となって作られます。
そのためシワ対策には、高い保湿力と抗酸化作用のある美容成分を使用すると高い効果が期待できると思われます。

笑顔の女性保湿力の高い成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸が挙げられますが、コラーゲンやヒアルロン酸はもともと体内の繊維芽細胞によって生成されている成分であり、年齢とともに衰える繊維芽細胞を増殖させることで、内側からコラーゲンやヒアルロン酸を生産することができます。
そこで、しわ対策に有効な美容成分としてプラセンタが挙げられます。

プラセンタは、牛や豚などの胎盤から作り出される成分であり、高い保湿力と抗酸化作用を合わせ持ちつつ、繊維芽細胞を増殖させる効果があることから、高品質のエイジングケア化粧品に配合されることも多いです。

また、プラセンタには組織代謝を促進して血行を改善したり、皮膚細胞の呼吸を促進する効果があります。
実際にプラセンタ化粧品を使用している方の多くが、シワやたるみに効果があることを実感しており、エイジングケアには欠かせない成分であるといえるでしょう。

ビタミンC誘導体とプラセンタを取り入れて、額(おでこ)、目尻、ほうれい線など、しわの目立たない美しい肌を取り戻しましょう!

Page Top